ツーショットダイヤルの思い出で

ツーショットダイヤルがあったのはかなり昔の事です。電話で二人っきりで待ち合わせをするのです。なので、社会として熟年同士の出会いの場を提供する必要性があるのです。しかし、残念ながら今福祉的な機関でのそのような支援の場が皆無というのが現状となっています。そこで今注目を浴びているのがテレクラやツーショットダイヤルなのです。電話関係は既に滅んでいるものといわれていたのは一昔前の事です。今の伝言ダイヤルなどは高齢者の出会いの場でもあるのです。使い勝手が分かっている、あの頃の思い出がよみがえるなど、おおむね好評をいただいています。店舗というよりも今はネットの中で行うのが一般的なのです。ダイヤル関連に興味がある方はどうぞ。

ツーショットダイヤルに挑戦!

日中家にいる時間が長かったため、その時間を有効活用しようとおもったのがきっかけです。ネット上でのアルバイトをさがしていたところ、ツーショットダイヤルを利用したテレフォンレディというものをみつけて、興味をもったのです。しかし、知らない人とチャットをするのに少し抵抗があったので、顔だししなくてもよいサイトに登録して、挑戦してみました。初めての日はとても緊張したのを覚えています。10分ほど待機していると、40代の男性がはいってきてくれたんです。その方はとても優しく、私がその日が初めてのテレフォンレディだということを伝えると、丁寧に電話エッチの仕組みやここでのルールなどを教えてくれました。